staff

staff 4/4

WEBディレクター 中丸功子

“WEBディレクター”の仕事

WEBサイトの制作・更新など仕様策定から始まり、素材、制作リソースの編成・予算管理、スケジュール管理、などサイトの制作に当たる全ての行程を管理します。運用中のサイトでは更新作業の行程管理をしたり、アクセス解析をしながら改善を図ったりします。場合によっては、コーディングなどテクニカルな業務を兼務することもあるので、WEB制作全般に関して幅広い知識が必要となります。

アイデアは積極的に共有、楽しい会議をモットーに。

なぜWEBディレクターに?

WEBデザイナーとしてキャリアをスタートしましたが、WEBサイト制作に関して、工程を上流から下流まで通して経験したかったので、コーダー、そしてディレクターへと職種を変えていきました。ディレクターとしても、スタティックなWEBサイトからダイナミックなWEBサイトへと経験の幅を持たせてきました。目的や仕様によって考えるポイントや施策が違ってきていることが面白く、学ぶことが尽きない職種です。

つねに相手の目線で考える

ディレクターになってからは、お客様との打ち合わせなど社外に出かけることも多く、また、立場により目的が違った人とお話しする機会が多くなりました。そのため、相手の視点に立った発言をする事を心がけています。 クライアントによって、WEBに関するリテラシーに差があり、専門用語を使わず丁寧にわかりやすいご説明が必要な方もいれば、WEBの知識が豊富でこちら側の勉強不足を感じてしまう方もいます。それぞれ事前によくシミュレーションし、会議に臨む事が必要になります。
またクライアントから持ち帰った要望も、そのままストレートに社内メンバーに伝えてしまうと社内のモチベーションを下げてしまう事もあります。チーム全体が気持ち良く、やりがいを持ってプロジェクトを進めていかれるよう、伝え方も工夫しています。






staff 4/4