staff

staff 3/3

カタログコピーライター 井上 匡史

“カタログコピーライター”の仕事

キャッチコピーから注釈に至るまで、カタログに書かれている文字すべてのコピーライティングを担当します。デザイナーとブレストしながら、商品の世界観やページ構成、訴求要素の抽出など、チームで一冊のカタログをつくり上げていきます。開発者や販売現場、ユーザーへの取材など「商品」と「市場」について深く知り、そこで得られた知見をカタログ制作のほか導入・コミュニケーション計画の提案などに活かしています。

SUBARU IMPREZA SPORT カタログ

なぜコピーライターに?

考えたことをカタチにする仕事に就きたくて、その中でも雑誌メディアが好きで紙媒体を扱う仕事がしたかったため、出版・広告を中心に就職活動を行いました。フェロールームはカタログだけでなく、SPや情報誌、Webなど扱うメディアが多岐にわたっている点が魅力的でした。入社して最初の数年間はSPのコピーライターとしてDMやチラシなどの制作を経験した後、4年前よりカタログコピーライターの仕事を行っています。

クライアント直だからこそ「信頼関係」を大切にする

クライアント直だからこそ、目の前の担当者からの信頼を得られる関係づくりを大切にしています。たとえば商品仕様についてはクライアント以上に詳しくなれるよう資料を読み込んだり、求められることを先回りして考え、スピーディにレスポンスすることを心がけています。
デザイナーとアイデアを持ち寄って表現案を複数提案する中で、自分のアイデアを元にした案がクライアントに選ばれると仕事をして良かったと感じます。カタログはお客様に向けて大量に印刷される媒体ですが、担当者様やその周りの方々など、まずはそうした身近なところからの声がやりがいにつながっています。
また「スペック情報」はカタログの最大の機能のひとつ。そのため、目立つ部分のクリエイティブと同じくらいその精度を高めることにも心血を注いでいます。校正作業を徹底的に行い、商品仕様の表記の整合性を考えるなど、一冊のカタログとしての高いクオリティを目指しています。